直メールはリスクしかない

出会い系サイトで知り合った相手と直メールをするために、メルアドの交換をする。
メルアドの交換をOKしてもらえるかどうかで、相手が自分の事を信用してくれているかどうか判断する事が出来る。
そんなふうに言われていた時代が少し前までありました。

しかし今では出会い系サイトで知り合った相手と直メールでやり取りする事はありません。
なぜかというと直メールの場合はリスクが大きすぎるからです。

例えばウィルスに感染してしまった。
その場合、ウィルスの感染経路を調べた時に、直メールに届いたメールが原因だったという可能性が高いのです。
最近はパソコンを使って仕事をして、パソコンでクレジットカードを支払い、ネットバンクを利用する時代です。

つまるウィルスに感染し、自分のパソコンのデータが流出してしまうとその被害は甚大だと言えるでしょう。
なので直メールは教えないに越した事がありません。

ですがかといって出会い系サイトで知り合った相手と、ずっと出会い系サイト内のメールでやり取りをするのは不便です。
なので直メールの代わりに利用されているのが、LINEなのです。
LINEならLINEのIDが流出してしまったところで、被害はそれほど大きくなりません。
なのでリスクオフの意味合いもありますし、またLINEというツール自体が相手を知るためには利便性の高いツールでもあります。

LINEでのやりとりのすすめ

出会い系サイトには悪質なサイトも少なくありません。
サイトに登録した途端に迷惑メールが大量に届くようになった経験を持つ人も少なくないかと思いますが、これはあなたのメアドを含む個人情報が外部に流出したことが考えられます。
もしくは、その業者自身が個人情報の入手を目的としてサイトを運営していたのかもしれません。
いずれにせよそんなサイトとはすぐにかかわりを断つことが肝心でしょう。
そしてそのような事態を防ぐためにフリーメールアドレスでサイトに登録することをおすすめします。
フリーアドレスなら迷惑メールが届くようになるほかにも、トラブルが起こったならアドレスをポイ捨てすれば被害を最小限にすることもできるでしょう。
ただしアドレスをポイ捨てしまったならそのサイトとのかかわりを切ることはできますが、そこで出会った女性とのやりとりができなくなってしまいます。
悪質サイトといえどもすべてがサクラというわけではなく、一般の女性会員が利用しているところもあるので、その場合には困った状況となることでしょう。
そこでおすすめするのが、女性と直にやり取りをする方法です。
直アドを教えてもらうのもいいのですが、まだそれほど親しくなっていなければ簡単ではないかと思います。
そんなときにはLINEのIDを交換しましょう。
LINEならもし相手が気に入らなければブロックという手段を取ることができるので、メアドよりも教えてもらえる率が高いのです。
またスタンプを利用することで親密度がアップしやすいというメリットもありますよ。

スタンプは有効なコミュニケーション手段

スマホを所有している人ならほとんどが利用しているアプリがLINEです。
チャットのようにリアルタイムでのやりとりもできますし、「既読」マークがでるので相手が読んだかどうかがすぐわかるのはメールにはない便利な機能です。
LINEの大きな特徴として挙げられるものに、スタンプ機能があります。
男性の場合は文章のやりとりのみであまりスタンプを利用する人はいないかもしれませんが、女性の場合は非常に有効なコミュニケーションツールなのです。
忙しくて文章を作成している時間のない時でもスタンプひとつで自分の気持ちや状況を説明できるのは非常に便利ですし、そのうえそれがかわいかったりおしゃれだったりするのですから、女性にとってはうれしいことでしょう。
動いたり声の出るスタンプもたくさんありますし、無料で手に入るものも少なくありません。
スタンプの使い方でその人のセンスも感じられます。
出会い系サイトで知り合った女性とLINEでやりとりをする際にも、スタンプは役立ちます。
したがって、いくつか女性の好きそうなスタンプを用意しておくといいでしょう。
スタンプをきっかけにして話が弾むこともあるかもしれませんよ。
ただし、中にはメールで絵文字を過剰に使う男性を好まない女性がいるように男性がスタンプを頻繁に使用することに抵抗を感じるケースもあることは認識しておくべきでしょう。

LINEのIDは個人情報でも重さが違う

出会い系サイトにおいて実際に出会うまではメールのやりとりを重ねるというのは、お互いを知るために必要なことです。
そしてこれは、ポジティブな部分においての「相手を知る」という点とネガティブな部分での「相手を知る」の2つの目的があります。
ポジティブな部分というのは、今後付き合うにおいてどんな人か、自分に合った人か、趣味や好みはどんなものかといった今後を見据えてのものです。
ネガティブな部分というのは、相手がどんな人物であるかを知ることではあるのですが、信用できそうか、悪い人ではないか、犯罪に巻き込むような人ではないかといった人物の見極めです。
いずれにせよサイトで知り合ってすぐに相手に電話番号やメアドを教えてくれる女性はほとんどいません。
それはネガティブな部分で「この人に個人情報を教えても問題ないだろうか」という点を心配しているからで、ごく自然なことです。
したがって、電話番号やメアドを教えてもらえなかったからといって簡単に諦めるのは早いといえます。
だから、そんなときはLINEのIDを訊ねてみましょう。
電話番号やメアドはなかなか教えてくれない女性でも、LINEのIDは案外簡単に教えてくれるケースも少なくありません。
その理由として、もし教えても相手が変な人だったりやりとりしたくないと思ったならブロック機能を使えば相手とのつながりを断ち切ることができるので安心感があるという点が挙げられます。
また、電話番号やメアドと違ってスマホのアプリのひとつという感覚なので、個人情報という考えが薄い点もあるでしょう。